ブライダルイベント
ブライダルプラン
東京サロン

結婚式までのプロセス

どうすればいい?どうしたらかなう?ふたりはもちろん大切なご両親も楽しめる幸せな結婚式

結婚式は、ふたりが主役。憧れがいっぱいあることでしょう。
・・・ですが、親にとってもまた、大切なセレモニー。
「最高の結婚式にしてほしい」みんなそう思っているだけなのに、時代的結婚観のギャップや、考え方のすれ違いで心を痛めたりすることも。どうぞ、たくさん話をしてください。そしてぜひ、一緒に楽しみながら結婚式を迎えてください。家族で過ごしたこの時間が大切な思い出になるから…
みなさんがハッピーでいられるよう心からエールを贈ります。

結婚式フロー
  1. STEP1 プロポーズ 絶対忘れない素敵なプロポーズ

    女の子は、サプライズやロマンチックな演出が大好き。だからこそ、プロポーズの演出が素敵だと絶対忘れません。一生に一度のプロポーズ!!彼女をあっ!?とおどろかせて、一生思い出に残るプロポーズを…

    プロポーズの言葉といえば「結婚してください」「結婚しよう♡」が人気のようです。男なら、ストレートに真っ向勝負!!と言ったところでしょうか?
  2. STEP2 結婚報告 ご両親へふたりで報告へ行こう!!

    これから家族としてお付き合いする最初の一歩。お互いの家同士を知る大切な場です。結婚を進めていく上でお家のしきたりなどもあるので、両家の親の意見を尊重しながら相談してみましょう。

    Check point
  3. STEP3 結納&顔合わせ 結納か顔合わせ食事会かはご両親と相談して!また、場所の予約は早めに…

    これから家族としてお付き合いする最初の一歩。お互いの家同士を知る大切な場です。結婚を進めていく上でお家のしきたりなどもあるので、両家の親の意見を尊重しながら相談してみましょう。

    Check point
  4. STEP4 式場探し&決定 気になる式場をPick up!! 予約を入れて、いざ見学!!

    まずは、おふたりのウエディングイメージをある程度固めておくと見学の際、とてもスムーズ。また、ご両親にも相談を。親の意向と違う場合は実際に会場に同行してもらい自分達の考えをきちんと説明しましょう。事後報告ではなく、相談するという姿勢が大切なポイント!

    Check point
  5. STEP5 衣装合わせ 楽しい!楽しい!衣裳合せ

    娘に似合うデザインや色をよく知っていて、正直な感想を言ってくれるのが親。ご両親に進められてしょうがなく試着したものが、実は一番良かったという先輩花嫁は多いのです。衣裳選びは親に同行してもらうのが◎。

    Check point
  6. STEP6 打合せ ふたりの想いをたくさん伝えて!!

    打合せが始まったら、おふたりのイメージをしっかり伝えましょう。もちろん予算もあるので、相談しながら進めましょう。でも、でも、絶対に後悔したくない結婚式!どんな風にするかはおふたり次第です。
    打合せは、3〜4回が平均。少人数なら1回でOKの場合も。最終確定は遅くとも挙式当日の2週間前ぐらい(ミッシェルリゾートウエディングの場合)。この日までに、しっかりと打合せをしましょう。

    Check point
  7. STEP7 挙式 バージンロードはゆっくりと一歩一歩進みましょう!

    式の最中は姿勢に気をつけて!下を向いて歩くと衣裳のすそを踏んでしまうことも…。教会挙式ならバージンロードは、1歩1歩思いを込めてゆっくりと歩いてくださいね。また、扉が開く瞬間はとても感動的で、きっと思い出深い瞬間になるでしょう。
    挙式のリハーサルは行いますが、本番に忘れてしまっても慌てないでください。挙式中は介添えの人や牧師さんから指示があるので、その通りに行えば問題ありません。安心して、ゆとりをもって挙式にのぞみましょう。

  8. STEP8 パーティー 最高の幸せ笑顔で楽しもう! そして、ゲストやご両親に感謝の気持ちを…

    おふたりが主人公。おふたりの笑顔が必須です。
    皆さんと一緒にパーティを楽しみ、お料理を楽しむのが基本。
    でも、忘れないで、出席してくれたゲストへの感謝。
    そして、お二人の結婚式を誰よりも楽しみに、誰よりも支えてくれたご両親へ感謝の気持ちを。「ありがとう」を。

当日の流れを簡単にご説明します

  • 挙式2時間前

    挙式スタートの約2時間前ぐらいに式場に入るのが一般的です。

    お支度

  • 挙式30分前

    ミッシェルでは、牧師先生より挙式前のお祈りがあります。

  • 挙式本番

    感動の結婚式です。

  • 挙式後

    ライスシャワーの後、写真撮影タイムがあります。その後、パーティー会場へ移動。

  • パーティ前

    少し休憩をとりながら、祝電の確認などがあります。

  • 新郎新婦入場

    少し休憩をとりながら、祝電の確認などがあります。

  • 主賓あいさつ

    メイン席で起立。主賓のあいさつを聞くのが一般的です。

  • 乾杯

    新郎新婦も食事を楽しみましょう。

  • お色直し中

    ここでトイレをすませましょう!

  • 新婦の手紙・花束

    ご両親へ感謝の言葉を…。

    ご両親にきちんとお礼のあいさつをしましょう。着替えて二次会へ。

  • おひらき

    会場入口にてゲストをお見送り。感謝の言葉を添えましょう。

  • パーテイー終了

後日

両親関係の方からお祝や祝電をもらったら、両親に伝えて、両親からお礼をしてもらいましょう。新郎新婦関係の方からの場合は、自分達でしっかりお礼をしましょう。もし、すぐに新婚旅行に行くのなら両親にお願いをしておくことをお勧めします。

会場に結婚式費用の支払い

ミッシェルリゾートウエディングでは、最終お見積もり金額の50%以上を3日前までにお支払いいただきます。尚、結婚式当日に発生した最終金額との差額は、お式後10日以内にお支払いをお願いしています。

Q & A

  • 結納は必要なの?

    するかしないかは、自由です。ただし、当人同士だけでなく両家に関わる大切なこと。婚約の証を儀式として執り行う事でお互いに誠意を示し良い親戚関係を築けると思います。二人にとっても、結納式を行うことでケジメという意味では必要かも知れません。最近では、結納という形式ではなくカジュアルに顔合わせの食事会なども増えています。

  • 結婚式の費用の話しあいは何を決めれば良いの?

    誰がどのように支払うのか?ご両親が費用負担をされる場合は、両親に見積もりを送ってもらうように担当者に伝える。折半なのか、人数割りなのかを結納や顔合わせの際に決めておかないと後でトラブルになる事もありますのでご注意ください。

  • 心づけ(内祝い)は必要なの?

    基本的に必要はありません。但し、ご両家の思いをお持ちでしたら、担当者、司会者、介添え者などに用意しておきましょう。(ミッシェルでは、サービス料として頂いているため必要ありません。)

  • 家族紹介ってどうやるの?

    両家の親族紹介は、神前式なら神殿前、その他は挙式前に控室で行われる事が多いです。会場によっては挙式後やパーティ中という場合もあります。会場や新郎新婦に確認してみましょう。一般的には新郎側、新婦側の順でお父様の血縁の近い方から名前と本人との関係を紹介します。目上の方を紹介する場合でも身内なので敬称は省略します。

  • どうしてパーティ会場に88名までしか入らないの?

    ミッシェルリゾートウエディングでは、本場イギリスのウエディングパーティのようにアットホームなパーティを行って頂きたいと考えています。通常の100名以上の大きなパーティは、会場内が一体になれず、感動や楽しさをみんなで分かち合う事が難しいと思います。一体感のあるパーティを試行錯誤の結果、料理もすべて手づくりということと、たくさんの感動を分かち合えるという最大人数は、88名様までという答えを導きだしたのです。そんな思いが込められているためなんです。

  • イタリア料理しかないの?年配者は大丈夫?

    ミッシェルリゾートウエディングでは、イタリアマエストロを受賞した石崎幸雄シェフが皆様の最高の一日のために腕を振るいます。イタリア料理は、日本食と並び健康に良い料理としても注目されています。素材の持ち味を活かした料理が多く、年代問わず食べやすいのが特徴です。全体的にボリューム感があるため、食事の量からみても、若い男性ゲストにも喜ばれる料理です。

実際の雰囲気を確かめられるよう、様々なブライダルイベントをご用意しています。

  • 特典&プランのご案内
  • ブライダルイベントのご案内

ウエディングの疑問や質問、ウエディングイメージをお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせ・資料請求
  • 来館予約
  • お電話でも受け付けております。0287-76-7339
  • ミッシェルズ
  • 先輩カップルの声
  • ご列席のみなさまのために
  • アクセス
  • アニバーサリー
  • ウエディングアイテム
  • 結婚式までのプロセス
  • ブライダルプラン
  • ご宿泊
  • 四季のギャラリー
  • 掲載実績
  • グループ施設

各サロンのご案内

那須へお越しの前に、下記サロンでもご相談が可能です。お気軽にお越しください。

  • MRW 東京サロン
  • Primo
  • Suzuya
  • Suzuya
  • HOME
  • 結婚式までのプロセス